デイリーピックアップ

お探しの記事は見つかりませんでした。

サンプルサイト

富裕層は資産の10%を金にしている―適正相場を知り安全に購入しよう
1.実物資産と金融資産 実物資産の特徴をよく理解するためには、実物資産の対になる金融資産についても知っておくことが近道です。それぞれの特徴を確認していきましょう。 1-1 実物資産とは 実物資産とは、形を有し、その物自体に価値がある資産のことです。たとえば、金やプラチナ、不動産、さらに美術品も実物資産といえます。 モノ自体に一定の価値があるため、株式投資のように会社の倒産によって価値が全くなくなってしまうことはありません。 1-2 金融資産とは 実物資産とは異なり、その物自体に価値はなく、資産の価値を特定の機関が保証しているようなものを金融資産と言います。 代表的な金融資産は預貯金や株式や債券などの有価証券、外貨預金、FX(外国為替証拠金取引)などがあります。 金融資産の種類と内容については「初心者がはじめて学ぶ資産運用の種類と特徴|運用11種 全比較」を確認してください 金融資産はその物自体に価値はありません。円やドルといった紙幣は政府、株式は発行する企業がその価値を保証しています。 2.代表的な実物資産 ここで代表的な実物資

続きを読む

マネー関係サイト 人気記事

記事が見つかりませんでした。